犬の椎間板ヘルニア予防|飼い犬を助けられるのは貴方だけ

動物病院

かゆみは早めの治療が必要

クリニック

普段の食生活が大事です

犬の病気の中で一番多いのが皮膚病です。かゆいので引っ掻いたりして傷になることも多く、そこから化膿して重症になるケースもあります。注意すべき点は、犬がよく体を掻いていないか気をつけることです。また皮膚が赤かったりすると皮膚病の可能性があります。毛艶が悪くなったり毛が固まって抜け落ちる時は、早めにペットクリニックに見てもらう必要があります。皮膚病は食事とも深い関係があるので注意が必要です。いつも脂っこい食事をしていたり、タンパク質が不足していると皮膚病に対する抵抗力が低下します。食べ過ぎも皮膚病に対する抵抗を弱めるので、普段から食べる量を調整することが大事です。犬は散歩中にノミやダニを付けて帰ることがあるので、よくブラッシングしてやることです。

感染症は他の病気を疑う

犬のかゆみの原因で多いのが、皮膚感染症とアレルギーです。外部寄生虫感染による皮膚病感染にかかっている時の特徴は、犬が体の後ろ半分をかゆがっている場合です。アレルギーの特徴は体の前半分をかゆがっている場合です。皮膚感染症が発症する時には体調不良で免疫力が衰えている証拠ですので、別の病気に罹っている場合があるので早めにペットクリニックで診察を受ける方が安心です。内臓疾患やガンなどにかかっていることがあります。アレルギーによる皮膚病で多いのが、ノミに噛まれて発症するノミアレルギーです。また牛肉や牛乳や大豆などに反応する食物アレルギーの場合もあります。自分で判断しないでペットクリニックでアレルゲンを特定し、それらを犬に近づけないことです。