犬の椎間板ヘルニア予防|飼い犬を助けられるのは貴方だけ

動物病院

健康を考えて飼う

ホスピタル

健康を考えて犬を飼う時には、病気の知識を身につける事が大事になってきます。そうすると早めに治療する事ができますし、予防をする事もできます。また、犬に長生きしてほしい気持ちが強い人が多くなっていますので、健康を考えるのは人気があります。

View Detail

かゆみは早めの治療が必要

クリニック

犬に一番多いのが皮膚病です。掻きすぎて傷になると、化膿して重症になる場合があります。体の後ろ半分をかゆがるのは皮膚感染症で、体の前の部分をかゆがるのはアレルギーの場合が多いです。皮膚感染症にかかる時は体内の免疫力が落ちているので、他の病気にかかってないかペットクリニックでの診察が必要です。

View Detail

飼い主がチェックする

犬

肥満は危険である

近年ペットとして飼われている犬の、寿命が延びているということが言われています。これは飼い主が、犬を家族の一員として大切に扱っているのが要因の一つです。しかしこの状況は、喜ばしいことばかりではありません。愛犬に愛情をしめすために、栄養過多な食事を与えてしまうことはないでしょうか。高カロリーで高栄養食な食事を続ければ、犬だって肥満になってしまいます。肥満はありとあらゆる病気の可能性を、広げてしまうこともあるのです。犬にダイエットをするという概念がないので、一度太りすぎてしまうと大変なことになります。肥満した体は、脊椎に負担を与えてしまうため椎間板ヘルニアという病気が発症しやすくなるのです。二足歩行である人間の脊椎は、重力に対して平行方向であるため立位になると負荷がかかるので椎間板ヘルニアが起こりやすくなります。そして人間以外では、犬に起こりやすい病気でもあるのです。

早期発見が何より

犬の場合は、何が一番の要因であるかというと激しい運動があげられます。全力疾走や階段の上り下りや、飛んだり跳ねたりなどです。愛犬が楽しく遊ぶのは、飼い主も嬉しくなってしまいます。犬が思い切り走れるドッグランは、アジリテイコースや専用の遊具が充実しているのです。楽しんでいるのは、犬も人も同様になります。しかし激しい運動は、椎間板ヘルニアの原因となってしまうこともあるので時々チェックしてあげることです。自分で訴えることができないペットの、健康を守るのは飼い主の責任になります。椎間板ヘルニアの症状を、見破るのは難しいことではありません。足を引きずったり、排便や排尿が困難な様子をみせたら可能性が高いです。他の病気同様に、早期発見が早期の快癒につながります。

犬も人間と同じ

犬

癌は日本人の死亡原因第一位の病気ですが、近年はペットの犬もこの病気で亡くなるものが増えています。そこで、病気を早期発見するための定期検診の重要性が増しています。犬のための定期検診を受ける人も年々増えています。

View Detail